2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追突事故

 先日、国道16線を家族4人で走行中のこと
3車線の真ん中を走り、周りは渋滞でもなく、ガラガラでもないという感じ。
前方に走る車が左にウインカーを出したところ、トラックが走ってきていたので急ブレーキ気味で減速。
とはいっても普通に運転していれば、後方の僕たちもぶつかるわけがないのですが、、、
僕たちの後ろにいる車がなぜか、、、追突してきたのです。
一瞬何が起きたのかと思うくらいに、2度ほどの強い衝撃。

 とっさにバックミラーを見るとエアバック出ているし、フロントがグシャグシャの商業車。
僕はすぐに車から飛び出し、相手に向かっていった。
本人は40代くらいのスーツを着ている営業の方。
車の中で茫然としているので、「ここ真ん中の車線で危ないから車から早く降りろ!!」
その罵声に我に返ったかのように、降りてきてごめんなさいの連呼。
「車、動く??」
無理というので、発煙筒を10メートルくらい後方に置く。

その後、警察が来て処理作業が始まり、僕らも警察から状況を聞かれ、みんなからジロジロみられ、
絶対に、営業のスーツを着た人と僕が並んで警察に囲まれていたら、僕が絶対に加害者として見られているんだろうな、、、。
なんて思いながら、、、自分の車を見ると、バンパーに多少のキズとボディのズレぐらいで、方や相手はもう自走不可能のエアバックが飛び出している車(笑)

やはりこうやって事故という現場になると輸入車の考え方が身に染みて分かる。
これが軽自動車だったら、妻と子供たちが無事だったとは言えない、、、。
やはり、車の定義って安全な躯体あってこその話。
これはどう見られようと、いわゆる外車を選ぶ定義なのかもしれない。
根本的に車好きというのは、車を走らせて喜びを得る前提の話なので、好きである以上、車の安全性が最も重要であり、そこを疎かに考えるデザインは問題外だと思う。

それでも、しばらく耳鳴りと首のシビレがあった。
今でも左側の首と背中に違和感がある。
なかなか病院に通えないけれど、治す事も優先しないと逆にお客さんに迷惑だと思います。
なので夕方お店早く閉まっていたらすいません、、、
いやいや、何もなくても早く閉めるお店だってみなさん知っていますよね!、、、(笑)
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://jewelstandard.blog.fc2.com/tb.php/72-f78d80de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本 «  | BLOG TOP |  » アジアカップ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (145)

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。