FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もの

僕の好きな人。
もし、奥さんにするなら柴田理恵さん。
・・・・・・って話ではなくてですね・・・・。

 今、タイルに興味を持っている時期で、いろいろ暇を見つけては見に行ったり、足を運んでいます。
パソコンで検索してみたり、相当な数のタイルやテラコッタ、レンガなどを見ました。

 ものを選ぶ時ってそのカテゴリーの中でそのものを探しますよね、でもそれは「もの」であって、
世の中にあるものの中から探すわけです・・・・とっても伝わってない感じですが…
人を探しているわけではないので、選んでいるともいうのかな・・・?

 そんな折、一枚の画像に目が留まり、そこに映るタイルに興味を惹かれました。
もともと自分は、興味のないものは、ほっんとにどーでもよくて、興味のあることはとことん調べるという
典型的なB型でして・・・
そこに映るタイルがどこで作られているのか?誰が作っているのか?と調べてみました。
タイルも商品ですから、簡単にわかりました、でも何かが違う・・・・
なにか職人の匂いがプンプンして、その匂いを辿りながら森の中をさまようような、そんな高揚感を抱きながら
電話をしてみました。

 もうビンゴ!!
男が男に惚れるっていいますが、職人に惚れるんです。
僕も一応、チョキチョキの職人だと思ってるから、スタイリストとか美容師の華やかなイメージ、大嫌いなもので・・・・
って大げさに言っていますが、相手は電話でたかが10分話した顔もわからない人です(笑)

 でも職人って言っていますが、僕の好きな人は、共通項があるんですね。
職人って堅物なイメージがありますが、そういう方もいますが、ちょっと違っていて、ものや技術は共感してくれる人がいて初めて成り立つんです。
だから、まず人を大事にしている。
そして、自分の仕事の中に一線があるんです。
その方と電話した時、このど素人の僕にちゃんと説明してくれるんです。
もちろん商売でもあるし、当たり前なんだけれど、商業的でない話のぬくもりがあるんです。
それでいて、一線を越えると、僕はこういうスタンスだから、あなたが合わしてくださいってなるんです。
そこは譲れないからって。

 たかがタイルってものを探しているのに、こんな人とお話までできちゃって
なんでその他のタイルと違っていたのか、そこまですればもうわかりましたよ・・・・。
たかが「もの」でも心が入っている「もの」は全然違う。
そんなものに囲まれて暮らしないな・・・・・シーン。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://jewelstandard.blog.fc2.com/tb.php/57-5832b7e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本語 «  | BLOG TOP |  » 「生き方」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (147)

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。