2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権利

 この間、子供のお客さんから、「このおうち、可愛いから売ってちょうだい!!」
そう言われました。
子供の純粋なパワーを持った質問に、思わず笑顔になってしまいました。
僕は、いいよ!!そう言ってじゃあ「お母さんと相談するね!!」そう言いました。

僕は自分のお家を建てたけれど、自分の物とは思ってないんです、、、。
たまにそう思う瞬間があって、今は僕が権利を持っているだけなんだよって、、、。
ただし、ただしね、僕以上に必要で、僕以上に楽しめてて、僕以上に物語を理解してる人がいたらね!!

 おうちだけじゃなくて、すべての物は持ってる人が権利を持っていて、いつか誰かがその良さを理解した人が必要としている時には手放しで受け渡す。
最後にもらってくれた人が笑顔で、ありがとうって言ってくれたことに価値が有る。
そんな歌詞が槇原敬之の歌詞にありましたね。

 かっこいい言葉だけれど、これはずっと自分の物だ!!ある意味その方が現実離れしていて、かっこいい言葉なんじゃないかな、、、。
物はすべて有限。

 髪を切ることって、有限との戦いでもあります。
どんなに素敵なカットをしても、明日には何ミリか伸びて、昨日とは違った髪になっていく。
jewelの壁にはベイスの横井さんが作ったタイルが貼られています。
横井さんは以前、美容師だった経歴があるというお話を聞いたことがあるのですが、やはり有限の限界に当たり、タイルの可能性に魅了されて、別の道に歩かれた方であります。
すべての物は必ず尽きるけれど、その距離は髪型とタイルでは果てしなく時間が違うと、、、。
僕は、その切り替えができる横井さんを尊敬し、作るものを見て納得しました。
本当に素晴らしい人であり、作り手であること。

 しかし、髪の儚さがあるからこそ、よりストイックに追求できる事もあります。
毎回毎回が勝負であり、プレッシャーでもあるのです。
逆に言うと、負けを取り戻すことも可能なのです。
しかし、1度逃げ道を作ると、魔女バンバが襲ってきて、取り戻すのが難しくなるものなんです(笑)

 物の有限には依存することはしないで、その物を使った時間のなかでの葛藤や物語が無限ということに価値を見出す事がとっても豊かであると常々思っています。
その権利をお金で買ったり、必死で戦ったりして手に入れるもの。
一人のお客さんをカットするとき、僕はわざわざ、そのお客さんから権利をいただいてるんだ、、、、ほんとうにありがたい。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://jewelstandard.blog.fc2.com/tb.php/158-e4ef1185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

運動会 «  | BLOG TOP |  » 四国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (145)

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。