FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら友人

  もう3年になるかな、、、突然一本の電話がお店にかかってきた。
大阪にいる友人が倒れたと、、、仕事中に運ばれそのまま帰らぬ人となった。

  昨日、夢の中にその友人が現れてきたが夢の内容は覚えていない。
予期せず現れたので、今年もお墓参りに行く行くと言っておいて、行けず仕舞いだったことに腹を立ててるんじゃないかと思っていた(笑)
彼女が亡くなった直後は3日連続で夢に出てきたのだが、不思議とストーリーになっていて、その夢は今でもはっきりと思いだせる。

  人は亡くなった後、無になるのか意識が存在するのかと色々と話題はあるけれど、、、僕は死の後があると思っている。
それは正に起きている時に想像できる夢の一種で、透明人間になれるとか、神様に会えるとか、人を呪えるなど、いかなるようにも想像できる。
どちらにせよ、死の後があるほうがポジティブな気がする。
だから、彼女のお葬式でも「また、今度ね!先に向こうで待ってて」なんて心の中で思っていたのは僕だけだろうと思う。
もちろん口になんか出せないし、強請するつもりもない。
ただ今の瞬間に電話をして相談することもできないし、わざわざ鎌倉まで来て泊まる事もできないのはとても寂しい事だとは思う。
きっとそれは彼女も一緒だろう、、、。

  必ず将来、自分も死の後に辿りついた時、きっと息子や娘と会話したり、泊まりに行ったりできないことが寂しいのだろうな。
けれど透明人間だから、そばでずっとストーカーのように張り付き、たまに撮った写真にうっかり心霊写真のように写りこんでしまうのだろう。
どうであれ、サイクルが進んで息子と娘が同じ世界に来た時、また酒を飲みながら話してみたい。

  そう考えたほうが無になるより絶対に夢があるだろう。






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://jewelstandard.blog.fc2.com/tb.php/132-c1235615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランドローバー «  | BLOG TOP |  » お知らせ 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (147)

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。