FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界に一つだけの花

言わずと知れた名曲、槇原敬之さんが作詞作曲。
「そうさ、僕らは 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい」

実は今も昔も音楽をあまり聴くことがなく、詳しくもなく、ただただ耳に偶然入ってきた音に興味が出る事はあるけれども、自分から求める程の感性が欠如していて、詳しい方やプロの方が身の回りに多いいのですが、そんな方達をとても尊敬しています。

この「世界に一つだけの花」という曲は僕にとっては特別な曲となっています。
当時、駆け出しの頃でしたので、ヘアメイクのアシスタントとして約1年間、「世界に一つだけの花」と並行するように関わらせていただきました。
この1年間というのは、本当に偉大な方達との接点や、一流の関係者との係りを持てた時期で、今になっては転機とも言えます。

  よく一流一流と言いますが、テレビで見ている方達、特にそれだけの人気も兼ね備えた方達というのは、本当にすべてにおいて目配りができ、人間としての魅力に溢れています。
意識の高さや、やさしさ、本当に素晴らしいものです。

  ただ、テレビに出ている人間でなくても、分野分野でとても素晴らしい方達もたくさんいて、ジャンルを問わずに共通している部分は多いのではないでしょうか。
「そうさ、僕らは 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい」
この歌詞の部分はとても大好きで、自分の哲学的な思想を一行で表すかのように、とても素敵な言葉ですね。

  動かない髪型を写真で収めたカタログなんかより、左右に首を思いっきり振った後の髪型が素敵であるようにと思う事が、間違いないと思わせてくれました。
昨日、お花屋さんの前を通りかかった時、そんな昔の事を思い出しました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://jewelstandard.blog.fc2.com/tb.php/129-4969ebfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

材木座 «  | BLOG TOP |  » 素晴らしい質問

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (147)

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。