FC2ブログ

2016-06

悲しくてやりきれない

  


 決して、僕、が悲しくて、やりきれない訳ではない(笑)
ふっと耳に入った曲があり、調べてみると、昭和そのものの曲で、古臭い映像が流れる曲だった。

 古臭い、、、、とてもいい意味で昭和などの古臭さはとても好きだ。
僕はこういう映像を見るたびに、その世界に、ドラエモンの力を借りてでもタイムスリップしたくなる。
頭の中で、古地図を見ながら明治の街を歩くのは趣味といってもいい。

 どうして、惹かれるのだろう?
どうして生まれてもいないのに、懐かしむのだろう?
本当に不思議だ、、、きっと日本人としてのDNAがそうさせているに違いない。

 土の道路を砂を擦りながら歩いてみたいし、デザインのいい古臭い車でドライブに行きたいし、木の電柱によじ登ってもみたい。
古臭さとは、そういう気持ちにさせてくれるのかもしれない、、、。
コンクリートの電柱には登りたくないし、コンクリートの道路で足を引きずって歩いたら、一日で靴に穴が開くんだろう。

 ドラエモン、どうか、どうか、、、、、のび太の後には僕の所に来ておくれ。
もう、十分のび太は立派になったよ。
今度は僕の番だ!!!

あーあ、、、、悲しくてやりきれない、、、、。
 
スポンサーサイト



ホタル

先程、鎌倉八幡宮で息子とホタル祭りに行って来ました。
毎年、ついつい忘れて行けなかったので、今年はと思い、息子を誘ったら、行く行く!!と、、、。
実を言いますと、初めてホタルを見ました、、、。

東京で育つと、ホタルなんて本の中の話なんです。
鎌倉ではこんなに身近で見れるんですね。
とても綺麗でそして光がゆっくりと動く流れは、自然そのもの。
息子との貴重な時間をホタルの光が盛り上げてくれました。

八幡様の参道を二人で話たり、おみくじを引いて、凶がでたら本気でへこむ息子を見ながら、ホタルの光のような自然な会話がとても幸せと感じる時間でした。

今年になって、地震が各地で起き、何気ない生活さえままならない方達が沢山います。
そういった状況では、尚更、普段の日常が幸せと感じるのでしょう。
しかし、何もなくても、不幸を数えるより、今の満足を数えられる習慣が出来れば、どんな状況であれ日常を幸せと感じるコツになるんだなと思いました。

ホタルは別に人を喜ばす為に光ってるのではなくて、、、人がホタルを見て、綺麗だなと感じてるんです。
相手が意図してなくても、人が勝手に幸せと感じたら、それが幸せ。

経営

昨日の事。
とある美容雑誌の撮影があり、事前にお話を聞きたいという事で、お話をさせていただく機会を頂きました。
はっきり言って、前々から、僕なんかに話を聞いても意味が無いんじゃないかと思っていました、、、というのも、内容を簡単に言うと、経営のお話。
撮影に関しては僕自体は絶対に出ませんので、、、と言って置きましたし、、、サロンのインテリアを撮させて頂きますという事だったので了解しました。
設計の西久保さんに来ていただいて、インテリアや構成に関しては、お話してくれたので本当に助かりました(笑)

経営の話、、、どういうコンセプトがあるのか?移転に関してはどういう意図があるのか?
鎌倉という地にどうやってたどり着いたのか?など、、、さすがにそんな質問は西久保さんに話して頂きたく訳にはいかないので、お話させてもらいました。

改めて対面して質問をされて気付きましたが、、、やはり僕に聞くのが間違い(笑)
経営なんて考えた事もないし、、、正直、どうでもいいから、答えがでて来ない。

インタビューをする方は組織に属しているので、質問も決められているのでしょうね。
僕には、それに答える事が正解で、なんとなく、、、を連発する僕は不正解なのかな?という疑問さえ湧いてきました。

何年、美容室をやってるとか、こういうお客さんを呼びたいからコンセプトはこうでとか、売り上げの推移、スタッフを増やす予定はとか、もう本当にどうでもいい話なんです。
というか考えてないんですね、、、本当は。
それが、僕の経営なのかな、無理やりですけれど。

僕が考えているのは、今、目の前にいるお客さんをどうやって笑顔にさせられるか、、、。
その為にはもっともっと自分を成長しなければいけない焦り、、、。
だけです。

以前も書きましたが、レールというのは引かれている物なんです。
その見えないレールは自分が成長したいと思う事で、変化をするレールです。
先は見えませんが、レールに乗れば間違いなく良心と同じくらい、信頼できるものなんです。
そして、身を任せる事が重要で、スピードに乗り始めたら、すべてが上手くいく物なんです。
スピードに乗る為のタイミングは自分が作るもので、アクションをかけて、すべてが繋がり出した時が合図です。

こういう事は質問に対しては「なんとなく、、、」という答えが僕には正解なんですね(笑)
こうやってブログに書くことを口にした時点で、ただの不思議なオッサンとして、気持ち悪い事でしょう(笑)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (153)

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する